FC2ブログ

風にそよいで ( area-J )

禁断の扉を開ける

いままで敢えて観なかった映画が一本。
手をかけそうになっては、やっぱり直前で手を引いてしまったことが数知れず。
たぶん面白いんだよ、きっと。だって監督があの人だし。
と、そう思ってはいても、なかなか一歩踏み出せずにいた映画でした。

それを、その禁断の映画をワタクシ、とうとう観てしまいました。
キャァーーーーーーーーッ!!!←と、叫ぶところではないと思われ(笑)
ファンの間では賛否両論。いや、否の方が圧倒的に、と云うかほとんが否ではなかろうか、という三池崇史監督のあの作品。
カタクリ家の幸福です。

メイキングは見たんです。
だからどんな映画なのかはある程度は知っているのです。
それでも最初はどうなることかと思いましたよ~。
三池さんの監督作品じゃなかったら電源切ってます。
たとえば、、、森田芳光さんとか。(笑) ←一応褒め言葉ですから.....

ワタクシは、単純に娯楽作品として面白かったですよ。(エーーーッ!?という声が聞こえてきそうですが...)
それに、モフなジュリー、ポンポコリンジュリー、かっちょ悪ジュリーが全然OKな、面白がりファンなワタクシとしてはジュリーだけを見ていても大いに楽しめました。
ジュリーの絶叫顔とか情けない顔ってけっこう好きなの、ワタクシ。
この映画のジュリーくんの顔だけを集めてスペシャルDVDでも作ってもらいたい気分でございます。(またまたエーーーーーッ!?という声が.....)

ただ歌になるとジュリーだけ上手過ぎますねぇ。
もうちょっとヘタッピに歌えばよかったのに、ジュリーくん。(って、そんなの無理だよね)

この映画を撮った三池さんはもちろんですが、それ以上にこの映画の出演にGOサインを出した出演者の俳優さん。
チャレンジャーですなぁ。
でもさ、この映画って、観てる側よりも作っている側の方がきっと楽しんでいるよね。
ジュリーもきっと撮影してる時って楽しかったんじゃないかな~。
hachibei.gif
スポンサーサイト