風にそよいで ( area-J )

今できること

地震の被害状況は時間が経つにつれて大きく、悲愴なものになっていきますね。
でも世界中の人たちが日本にエールを送ってくれているのはありがたいことです。

被災地から遠く離れたワタクシたちに今できること。
それは普通の生活をおくること。
これだと思うのです。

全国の人たちの被災者に対する「頑張れ!」という思いはちゃんと届いていますよ。
のんびりお気楽にこんな事をしてはいけないんじゃないかと思ったり、何でも自粛モードになんかする必要はないと思います。(不謹慎と言われるかもしれないけど)
普通の普段どおりの生活をしていた方がいいんじゃないかな、と。

これはワタクシが2004年の中越地震で被災者ど真ん中になった時に思ったことです。
すごく心配してくれているのは痛いほどわかるんです。
だからこそ、いつもと変わらない普通の生活、楽しい時は大声で笑っていて欲しいんです。
我が家のまわりは壊滅的打撃というのをうけなかった所為もあるけど、みんな努めて無理矢理にでも明るくふるまっていました。
先に一歩踏み出すためには、やっぱり元気と笑顔が必要なんだと思います。

今回被災された方はまだそんな余裕は持てないし、この先どうしたらいいのか、という絶望的な状態だと思いますが、どうか気持ちをマイナスの方向にだけはもっていかないで欲しいです。

そんなに簡単に無責任な事を言うな!
って怒られちゃうかな。
けどさ、顔も名前も知らない人があなたを心配し、気にかけてくれているよということは、見えないチカラになると思うんだよね。

あ~、もぉ。
何か頭の中グチャグチャだな。
寝よう。
節電、節電。

ぢゃっ。
hachibei.gif

*** Comment ***

想いは同じ!

きっと、被災された方たちには、全国の人達の想いは届いてますよね。
平穏な毎日を送っている事に申し訳ない気持ちがあるけれど、やっぱり、暗くなってちゃいけないと思う。
被災所でも、子供たちの笑顔が救いになるように、こんな時こそ、笑顔で前向きな気持ちでいないとね。

一歩ずつ

出来るところから少しずつ復興への道が開けてきてるみたいだね。
時間はかかるかもしれないけど、また心からの笑顔を取り戻せる日がくることを願ってます。
その為にも日本全国みんなが明るくならなくちゃね。

大人でも精神的にまいっちゃう避難所生活で、あの子供たちの屈託の無い笑顔はホント救われるよね。
TVを見てるこっちまで思わずニコッてしてしまうでござるよ。

Comment投稿

管理人にだけ読んでもらう