風にそよいで ( area-J )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきに死す

寡黙な殺し屋。

確かに寡黙だ。
でも殺し屋には見えないよ~。
不器用そうだし、ドンくさそうだし。
殺し屋の囮に使われただけだったりしてね。

だいたい森田芳光監督の映画は、わけわからんのが多いのよ。
鈴木清順さんとはまた違った意味で難しい。


最初から最後まで、ほとんど表情を変えずボソボソッと話すジュリー。
tokimeki_02.jpg
やっぱり殺し屋には見えないよね。

いよいよ暗殺決行という日(前夜?)のシャワーシーン。
あっ、ジュリーだ。
tokimeki_03.jpg
いままで隠れていたジュリーの顔を発見してちょびっとホッとした私めでございました。
演技しているのはわかってるとは云え、ファンの心理としては役の隙間に少しでもジュリーを見たいじゃないですか。

◇◆◇ 続きですぅ~ ◇◆◇

すっごい気になることが一つ。
岸部一徳さんって、あれからどうなっちゃたんだろ?
海の中に沈められちゃったのかしらん?

*** Comment ***

見てないなぁ

わたしゃ見てないんですよ。この映画~。これだけじゃなく「リボルバー」「妖怪ハンターヒルコ」「カタクリ家」「最悪」も~。「夢二」は難解で寝ちゃったし~。(笑)

何故か見たいと思わない私なんですよ~。ジュリーなら何でも見たいはずなんだけど見て無くても平気なんだよねぇ
「見たくても見れないのと見れるのに見る気がしない」のは違うよね・・。
何故そうなのかは不明なんだよん。

活動写真のジュリー

どっちかというと舞台でのお芝居ジュリーよりは好きなんですよ、わたしゃ。
でも見てないのもいっぱいありますよ~。
手は届くのに、いつも途中で止めちゃうのとかね。
もうちょっと後から、、、と思っていて一生見れないような気がする。(笑)

ジュリーって監督さんにいつも恵まれてますよね。
つーか、使いたくなる俳優さんなのか。

Comment投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。