風にそよいで ( area-J )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特殊パッケージ

毎年 New Album が発売される頃になると話題になること。
曲の内容よりも、まずパッケージ。をいをい.....って感じですが。(笑)
なんせ好き勝手やって下さいますからね、ジュリーせんせいってば。

これにはまあ賛否両論あるのでしょうが、わたし個人的にはよろしいんではないかと。そう思ってます。
昨年の丸型パッケージはちょいと困りますが、あとは
「コレ、幅とってしょうがないんだよなぁ。ブツブツ.....」
と文句ブーたれながらもそれなりに許容範囲。
CDという概念を捨てて遊んじゃえというジュリーの思考は好きです。
ああ、一昨年の『くろっくまだ~む』も取り出す時にCDの盤面に傷がつきそうでNGでしたね。デザイン的には面白かったけど。

ただね、何のためのパッケージ?
インディーズレーベルで好き放題だから遊んじゃえ?それだけなの?
自己満足的なことだけでいいのか?
とか思っちゃうわけですよ。
ジュリーサイドでは少しは話題になるかも、なんて思っちゃったりしないのかな。
もしほんのチョットでもそんな思いがあるのなら、少しはプロモーション活動しようよ。
こういうジュリーの『遊び心を持ちつつイイ音楽を作り続ける』姿勢というのは、もっともっと世の中に知られていてもいいんじゃないの?
そんなことを思っちゃうわけですよ。

地方じゃ店頭にこのCDが並ぶなんてことほとんど皆無ですよ!
天下の沢田研二の新作CDがお店にないんですよ!
何か、それって納得いか~んじゃないですか!!!

それにしても今年のパッケージ、Single、Album、両方並べて置きたくなりますね。
Singleは買う予定なかったのに・・・つい買っちゃいそうです。
そうか、そういう戦略だったのか。
やるなぁ、CO-CoLO。。。

*** Comment ***

Comment投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。