風にそよいで ( area-J )

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁断の扉を開ける

いままで敢えて観なかった映画が一本。
手をかけそうになっては、やっぱり直前で手を引いてしまったことが数知れず。
たぶん面白いんだよ、きっと。だって監督があの人だし。
と、そう思ってはいても、なかなか一歩踏み出せずにいた映画でした。

それを、その禁断の映画をワタクシ、とうとう観てしまいました。
キャァーーーーーーーーッ!!!←と、叫ぶところではないと思われ(笑)
ファンの間では賛否両論。いや、否の方が圧倒的に、と云うかほとんが否ではなかろうか、という三池崇史監督のあの作品。
カタクリ家の幸福です。

メイキングは見たんです。
だからどんな映画なのかはある程度は知っているのです。
それでも最初はどうなることかと思いましたよ~。
三池さんの監督作品じゃなかったら電源切ってます。
たとえば、、、森田芳光さんとか。(笑) ←一応褒め言葉ですから.....

ワタクシは、単純に娯楽作品として面白かったですよ。(エーーーッ!?という声が聞こえてきそうですが...)
それに、モフなジュリー、ポンポコリンジュリー、かっちょ悪ジュリーが全然OKな、面白がりファンなワタクシとしてはジュリーだけを見ていても大いに楽しめました。
ジュリーの絶叫顔とか情けない顔ってけっこう好きなの、ワタクシ。
この映画のジュリーくんの顔だけを集めてスペシャルDVDでも作ってもらいたい気分でございます。(またまたエーーーーーッ!?という声が.....)

ただ歌になるとジュリーだけ上手過ぎますねぇ。
もうちょっとヘタッピに歌えばよかったのに、ジュリーくん。(って、そんなの無理だよね)

この映画を撮った三池さんはもちろんですが、それ以上にこの映画の出演にGOサインを出した出演者の俳優さん。
チャレンジャーですなぁ。
でもさ、この映画って、観てる側よりも作っている側の方がきっと楽しんでいるよね。
ジュリーもきっと撮影してる時って楽しかったんじゃないかな~。
hachibei.gif

*** Comment ***

わたしもこの作品のジュリー、好きです(笑)

>ジュリーの絶叫顔とか情けない顔
好き好き。だーいちゅきっ。

あーぁ、言っちゃった。。
友達なくすかな。
あ、はちべ~さんとTOMO=DACHI?

イヤだったら、すたこらさっさと逃げてねー。

そうそう、歌が上手すぎるのが難点だよね、この映画って。
そこがイイんだけど。

メイキングの素のジュリー、なんだか楽しそうだよね。

TOMO=DACHI~~~っ!

あー、よかった。
みんなに冷たいしろ~い目で見られるかと思ってました。(笑)

>イヤだったら、すたこらさっさと逃げてねー。
いえいえ、すり寄らせていただきます。スリスリスリ.....。

三池監督って「総務課長戦場を行く」のジュリーを見た?
ちょっと系統が似てるよね。
あのジュリーくんもワタクシ大好きですぅ~。

メイキングのジュリー、ホント楽しそうだったね。
いい表情いっぱいだったし。
しかし、インタビューでなぜにあんなにドアップ?(笑)
こちらとしては嬉しいかぎりですけど。

あ、そうそう。
「まごころよりどころ」のジュリーくん、松坂慶子さんより色っぽくてどーすんの!でしたよね。

カメラマンも惚れたか?

ねぇ。インタビューの時、ジュリーだけ、寄りが違うよねぇ。
あんなに間近で見られるカメラマンがうらやましい~。(笑)
最後の笑顔。
あれだけで、DVD代の元は取れとります。
それにしても、あの映画の俳優さん、みんな凄いや。
自分を捨てられるって、己に自信があるんだろうな。

ゴンッ!

アタシがカメラマンだったら、もっと近寄り過ぎて確実にジュリーくんにカメラをゴンッてぶつけてるな。(^^;
んで「すいませ~ん。痛くなかったですか?」なんてジュリーくんの頭をナデナデしてあげるのだ。
ついでにアタシの豊満な胸(←大嘘)に顔をうずめさせてヨシヨシしてあげるのだっ。
グフッ、グフフフフ.....。ブーーーーーーーッッ!←鼻血
あれ?話が違う方へイッちゃったか?(笑)

カタクリ家はもうちょっと評価してあげてもいいような気がしますねぇ。
ジュリーファンにはショックが大きかったかしらん。

Comment投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。